上棟

 

一本の柱への想い。

 

今回新築を施工するにあたり親夫婦が新婚時に建てた家を解体し子供たちと住む二世帯住宅の建設することになりました。

曲線を描いた一本の柱は解体の時に屋根を支えていた松の梁を柱として再利用させて頂きました。

 

松の梁は昔のお家ではよく使われている物ですが、

実は解体するとほとんどが虫に食われて穴だらけになっていることが多いです。

T様の古家から出てきた梁を見たときに驚いたのは虫に入られた跡が一つもなかったことです。

頭に過ったのは解体時に「少し寂しそうに見えたT様の姿でした。」

これを何かに使おうと思い若夫婦に相談し元々丸い柱を入れようとしていた箇所に柱として生まれ変わった梁をサプライズで入れることにしました。

 

昔の家を支えていたものが新しい家も支えていく。

想いを形にする建築がまず1つできました。

ここからがスタートです。

 

 

 

施工